海を、拓く。
藻場造成工事、船舶上下架施設の設計・施工、海洋土木工事!
近年問題となっている、「海の磯焼け」問題に対応すべく、「マリン総合」は生まれました。

また、漁業者が安全に利用できる、船舶上下架施設の設計・施工も行っています。



弊社所有作業船




雑海草駆除船「海拓U」
チェーンで海底を擦るように、不必要な雑海草を効率的に除去。
自航用エンジンも備え、曳船に頼ることなく作業場内の移動が可能。






雑海草駆除船「海拓V」
海拓Uに比べて小型ではあるが、アルミ製となり、より浅い海辺に対応。
ただ小型化するだけではなく、チェーンを横置した事により作業区画のズレを抑制。




砂運搬船 海拓X、Z、[
アルミで製作することにより、浅瀬での砂運搬を可能に。
また船体のサイズはトレーラーで運搬可能なサイズのため、陸送が可能。
沼やダム等、水路からの進入が困難な場合でも活動ができる。

海のダンプとして効率的に作業が可能な構造。
メインは砂を撒くことであるが、小型クレーンを装備している船もあり、
橋の下をくぐって物を運搬することも可能である。



遊漁船、多目的船「おおせぐろ」
遊漁船登録済、釣り船として活躍しております。
休憩スペースもしっかり確保。
釣りだけでなく、島への交通船、調査船としてチャーターも可能です。


 

その他、曳船、運搬船、作業船等、計10隻以上保有しております。
お気軽にご相談ください。




船舶上下架施設

船舶の上下架にとって大事なこと、それは船を傷めず、安全で簡単であること。
なおかつ維持コストを抑えられることが重要です。

弊社では、年間約180隻の上下架作業を行う立場から、施設の設計から施工まで行います。



弊社の船舶上下架施設の特徴は、オモテは腹当て、トモはキール当てとした3点支持型です。

オモテの台にご注目ください。
船底勾配にしっかりと合っており、広い面積で支持するために船体にダメージを与えません。
弊社特許であります船台の、最もたる特徴です。
船体傾斜にあわせた盤木組みや砂袋は不要です!!!


横取り(船台ごとの横移動)作業が多い北海道では、横取り作業も大変重要です。

横取り作業中の1枚。船台ごと移動が可能であり作業能率が向上します。
またトモ台はキール当てのため、横取り完了後の台抜き作業が不要!



そして上下架の敵でもある「風」への対策として、

船体誘導用装置もご用意。桟橋等を有効活用できます。
大変な綱取りを削減できます。



海に係る事、浅瀬の沼や湖に係る事、まずはお電話ください。





 北海道厚岸郡厚岸町湾月1丁目8番地
  有限会社 マリン総合

 TEL:0153-52-6195